杉林溪

南投杉林渓森林生態渡仮園区,美しい黄金色のスギ。

杉林渓森林生態渡仮園区

杉林渓森林生態渡仮園区は標高1600メートルに位置し、一年を通して涼しい気温が続きます。美しい自然風景と多様な生態系があり、南投の有名な観光地です。今回は秋に訪れました。ちょうど水杉が黄金色に変わる時期で、見ごたえ十分です。他の季節にも訪れると異なる花が咲いているので、何度かもっと訪れてさまざまな風景をみんなと共有できたらいいなと思っています。


杉林歩道の景色

ここではほとんどの歩道が川に沿っていて、ルート全体で下のような渓谷地形によく出会います。もちろん、パークシャトルも利用できます。

杉林渓

森を歩くと、たくさんの杉の木の間に差し込む太陽光を見ながら、とても満足しています。最初は濃霧が出て、何も見えないのではないかと心配していました。

杉林渓

木の階段や砂利の道は水林渓の主要な歩道で、手入れが行き届いているのが分かります。安心して景色を楽しむことができます。

歩くと

地面にはよくシダがいっぱい生えています。川の近くにあるので、こちらの湿度は比較的高いです。

歩くと

ここでは主にカエデの木が比較的早く紅葉して散ります。今回訪れた時はもうあまり見かけませんでした。紅葉を楽しむなら、10月中旬から10月末ごろが良いでしょう。

紅葉

夜になると、森の小道で満天の星を楽しむことができます!本当に美しいです。その日は螢火蟲を観察するために滞在しました。休日は観光客が多く、遠くにいる螢火蟲を特に撮影しませんでした。ここの螢火蟲の特別な点は、ちらちらと光るのではなく、ずっと光り続けることです。

満天の星
満天の星

スギの森

今回、杉林渓へ来た主な目的は、スギの木。幸いにも、色づく様子を見ることができました。花の中心の後ろにあり、入り口からここまで歩くのに約1時間ちょっとかかります。

杉林渓森林生態渡仮園区
杉林渓森林生態渡仮園区

写真を撮るなら大体昼過ぎがおすすめです。この時、太陽光が直接射しており、光と影の表現が一番美しいです。近くに山があるため、夕方の4時か5時ごろになるとここに光が差し込まなくなり、葉の色もあまり鮮やかではありません。

杉林渓森林生態渡仮園区
杉林渓森林生態渡仮園区
光と影
光と影

花の中心

中心の中は一面が緑で、各植物には名札が付いています。枯れたりしおれたりするのが本当に見つけにくいですね。本当に手入れが行き届いています!横には食事エリアもあるので、花の写真を撮った後、お昼ご飯を取るには最適です。

植物

この植物の壁、本当に好き!

植物

広いエリアにはエンゼルストランペットの花が植えられています。最初はラベンダーかと思っていました。

植物
植物

ゴールデントランペットフラワーは非常に魅力的な外観をしており、水林渓の六大名花の一つです。当時、花の中心ではたくさん咲いていました。高冷地域では四季咲いている状態です。これらの花の写真を撮るのも結構時間がかかりましたね!

植物
植物

花の中心では様々な種類が展示されており、30種類以上あります。一つ一つを写真に収めきれませんでした。

花の中心

松滝部落、松滝岩滝

花の中心を抜けて水林渓を歩いた後、松滝部落には1時間もかからずに到着します。ここにも食事できる場所があります。

松滝部落

村の奥には松滝岩と松滝岩滝があります。巨大な岩の洞窟全体が非常に壮観で、本当にそれを理解するには中に入って歩く必要があります。洞窟の中の床は滲水している場所があるので歩く際は注意が必要です。

松滝岩滝

下の写真の中央に小さな流れがありますが、それが滝なんです!秋の11月中旬の訪問のため、水があまり流れていません。まだ滝が見えますか?

松滝岩滝

洞の下には緑の広場が広がっており、ほとんどがシダで覆われています。

松滝岩滝

千古の赤杉

松滝岩滝から天眼の小道を歩いてすぐに千古紅檜に到着します。千年以上の歴史を持つ紅檜は倒れたようですが、太くて頑丈な幹が残っています。解説者は、昔人々が巨木を参拝するために木の前で金紙を焚いていたことを述べました。千年紅檜には豊富な精油が含まれているため、これが木を焚き起こす原因となったこともあるそうです。

赤杉
赤杉

天地の目

天地の目は水林渓の最後の観光スポットです。到達するには少し坂を登らなければなりません。長年の風雨による浸食で形成され、まるで二つの目と鼻梁のように見えます。それはまるでフクロウのようでもあります!

天地の目
天地の目

生態

ここではさまざまな鳥が見られますが、短時間で撮影できるのは限られています。よく見られるのは下の写真のようなRhyacornis fuliginosa(オス)です。ほとんどの場所で見かけますよ!これは私の大好きな鳥の一種です~

鳥
鳥

Cinclus pallasii という鳥を初めて見ました。全身が濃い茶色で、頭を水に埋めて一段時間魚を捕まえて食べる姿はとても楽しいです。

鳥
鳥

Enicurus scouleri も台湾の川でよく見られる鳥種です。黒と白のコントラストが目立ち、彼を簡単に見分けることができます。

鳥
鳥

Myophonus insularisは非常に大きな鳴き声を持っており、見える前に聞くことができます。水林渓内にもたくさんいます。

鳥

Onychostoma barbatulumはどこでも群れて見ることができます。

Onychostoma barbatulum
Onychostoma barbatulum

ここでは台湾マカクも意外にも見かけます。多くの観光客に慣れているためか、彼らはのんびりと歩道で果物を探して食べています。

マカクも
マカクも

近くの手頃な宿泊施設

Ginkgo Hotel:

南投県のなかでも便利な溪頭(シートウ)に位置しており、観光名所や食事処に近い場所にあります。 有名なCingjing Veterans Farmへの訪問をお忘れなく。 この3.5つ星施設では、お客様の滞在をより贅沢で思い出深いものにするために、レストランを備えています。


PlaceOfHeart:

南投県のなかでも便利な溪頭(シートウ)に位置しており、観光名所や食事処に近い場所にあります。 有名なCingjing Veterans Farmへの訪問をお忘れなく。


Xitou Star Homestay:

山の景色を楽しめるXitou Star Homestayは、バルコニー付きの宿泊施設で、約3 km先にはXitou Nature Education Areaがあります。この施設ではテラスへアクセスできます。


台湾のレンタカー

KKDay レンタカー

旅行サービス

(高速鉄道の駅 レンタカーを受け取る)


Google Map:


ホームページKKDay 旅行サービス
ホームページ旅行サービス

Similar Posts

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です